空き家のご相談
すぐに空き家に関してのご相談をしたい方はこちらからどうぞ♪
『空家等対策の推進に関する特別措置法』が平成27年に施行し、今後の流れとして「特定空家等」と判断された空家に関しては、「固定資産税等の住宅用地特例」対象からの除外、「解体勧告」や「強制執行」といった事ができるようになる、強制力のある待った無しの法律です。

『空家等対策の推進に関する特別措置法』に関して

そういった事になる前に、まずは現在『空き家』となっているお客様の大切な資産を「管理」「賃貸」「売却」といった3つの視点で診断し、総合的に判断致します。

3つの視点で総合的に判断


管理

転勤などで急に家を空けることになった、相続で取得したが遠方に住んでいて管理が物理的に困難、などと言った方へ大切な資産を管理致します。
アトラスホームの空き家管理サービスの一例
アトラスホームの空き家管理サービスの一例
●通気換気
全ての窓、ドア、ふすまを開けて建物に風を通します
●清掃
お部屋の簡単な掃き掃除をします
●通水
全ての蛇口を1分程度通水します
●ポスト整理
ポストのチラシ等を廃棄処分します
●雨漏り
雨漏りの確認をします
●外部の状態確認
外壁・木部・鉄部などの状況をご報告します
●庭木や雑草の確認
除草や剪定が必要な場合、ご依頼頂ければ別途お見積もりの上、業者の手配を致します
●ハウスクリーニング
簡易清掃では対処できない状態の時は別途ご相談の上、業者の手配を致します
手入れをしない家は驚くほどの早さで劣化し、数年ほどで多額のリフォーム費用が必要になる事も予想されます。また戸建に限らずマンションも内装材に木材などを使用している為、換気をせず放置しておくと湿気により劣化していきます。売却時の価格下落、賃貸に出す場合は多額のリフォーム費用が必要となるケースもあります。 こういった事を避ける意味でも、空き家管理をお勧めします。 まずは、アトラスホームにご相談下さい。

空き家管理


賃貸

いざ、ご自身のお家を賃貸に出すと言った場合に一体どうすれば良いのか?どうやって借り手を探すのか?借り手が見つかった場合に契約は?その後の家賃徴収、修繕などの管理は?そういったご不安はアトラスホームへお任せ下さい。 当社は賃貸物件を取り扱うエキスパートです。オーナー様が遠方にお住まいでも当社が募集~管理~退去のすべてをお引受け致します。

●物件のお預かり
オーナー様からアトラスホームに管理業務を委託して頂き、入居者の募集から管理、敷金の清算までの業務を当社にて行います。
●入居者の募集
専用の一眼レフカメラにより物件をよりきれいに撮影し、写真や間取図入りの物件情報をホームページ上やポータルサイト、レインズ(不動産業者間のデータベース)に無料で掲載致します。
●管理業務
設備故障や近隣の騒音など、入居期間中における入居者様からの要望、クレーム等に対応致します。また、必要に応じて業者への連絡取次ぎ業務も行います。
●退去時
契約更新されなかった場合や、契約期間途中での解約の場合における退去清算や解約手続きを行い、原状回復に必要な業者手配などを行います。
何をどう始めたらいい?家賃金額は幾らぐらいにしたら良いのか?大家としてかかるコストは?もし自分がまた住みたいと思ったら住める事は出来るのか?といった疑問や相談がありましたら、まずはアトラスホームにご相談下さい。

賃貸物件を取り扱うエキスパート


売却
空家は、売却する事で負担と言う『負』をお金『富』に変えることが出来ます。売却すれば固定資産税を支払う必要も、修繕する費用負担もなくなります。
そのまま放置にする事によって起きた建物の崩壊、建物から物が落下するなどして他人に損害を与えた場合は、所有者に対し被害者から損害賠償などの管理責任を問われる事もありますが、そういった心配も無くなります。

空き家は傷み具合にもよりますが、リフォーム無しの状態では売れ辛いケースもございます。リフォーム費用を先払いで支出し、それでもなかなか買い手が付かない場合は経過期間に応じた固定資産税、劣化による修繕費用など様々な費用が発生するケースが予想されます。
そういったご心配に対応する為、当社もしくは提携業者が即金にてスピード買取を行う事も可能です。

売却に関して

まだまだきれいな状態の空き家は、リフォームせず早期で高値売却する事も可能です。
もちろん当社にて責任を持って販売させて頂きますので、どのケースに当てはまるかは現況を見て診断させて頂きます。
売却方法も状況によって様々です。すべての条件が同じ空家と言うのは存在しません。まずはご相談下さい。
ご相談方法はご来社はもちろん、
メールやお電話でも構いません。
まずはご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 022-342-1455

PAGE TOP▲